ガイド

おすすめの柔術着ブランドまとめ

これからブラジリアン柔術をはじめるときに、柔術着が必要となってきます。柔術が初めてなら帯は白帯を用意すればいいのですが、道着は沢山ありすぎて、なにを買えばいいか迷っている方が多いのではないのでしょうか。

そこでこの記事では柔術着を買う前に事前に知っておいてほしいことと、おすすめの柔術着ブランドをまとめていきます。

 

柔術着はどんなものか?

ブラジリアン柔術は道着を着用する他の格闘技と違い、襟や袖を掴んだり、引っ張ったりするため、より強力で耐久性のある道着を使用します。柔術着の特徴は他の格闘技の道着と比べ、生地が頑丈でしっかりしています。

空手やテコンドーなどで着用される道着は生地が薄く弱いです。柔道着は柔術着に近いですが、比較的ゆったりめなつくりになっているので、柔術で使用する場合はきちんとした柔術着を購入しましょう。

柔術着は生地の編み方よって軽さが変わり、基本的に柔術着はパールウィーブやゴールドウィーブのようなデコボコした生地を使用し、子供のみ平面の生地が許可されています。

入門用のものだと1万円以下、平均1〜2万円。新作や有名ブランドのものだと2万円以上します。

 

試合用の柔術着

練習用の柔術着や試合に出るつもりの無い方は気にする必要はありませんが、将来的に試合に出てみたい方などは、国際ブラジリアン柔術連盟(IBJJF)の道衣規定を確認しておきましょう。

  • 白色・青色・黒色
  • ジャケット・パンツ、襟は同色
  • 袖の長さは床に平行に手を伸ばした状態で袖口が手首から5cm以内
  • パンツの長さは袖口がくるぶしから5cm以内
  • 襟の厚さ1.3cm以内、襟の幅5cm以内、腕を伸ばした時の袖の隙間7cm以上

試合に出てみたい方はこれら規定に沿った柔術着を用意する必要があります。

 

サイズについて

ターゲット サイズ 洋服サイズ 身長 体重
子供 M0 100 100〜115cm 14~23kg
子供 M1 110〜120 110~125cm 17~28kg
子供 M2 130 120~140cm 24~36kg
子供 M3 140〜150 135~150cm 32~45kg
子供 M4 160 145~160cm 38~52kg
女性 F0 XXS 136〜150cm 35〜50kg
女性 F1 XS 142〜156cm 40〜55kg
女性 F2 S 148〜162cm 45〜60kg
女性 F3 M 154〜168cm 50〜65kg
女性 F4 L 160〜174cm 55〜70kg
男性 A0 S 147~160cm 42~58kg
男性 A1 M 157~170cm 54~72kg
男性 A2 L 166~179cm 67~82kg
男性 A3 XL 174~187cm 80~100kg
男性 A4 XXL 180~194cm 90~115kg

参考のためサイズチャートを載せていますが、柔術着はサイズ選びがかなり難しいです。それも;

  1. メーカーによってサイズ表記・サイズ感がバラバラ
  2. 洗濯後の縮み具合に差がある

この2点があるので、柔術着を購入する場合は必ずメーカーのサイズチャートや寸法、縮率(しゅくりつ)を確認してみましょう。自分はA2サイズが丁度良かったから、違うメーカーのA2をサイズを見ずに購入したなんてことは絶対にNGです。必ず寸法を確認しましょう。

サイズは子供はM(Menino)やK(キッズ)が数字の前につき、女性はF(Feminino)、男性はA(Adulto)となります。また、メーカーによって、A1.5やA1Lなどの中間サイズが用意されていたり、A1Lの袖丈長め、A1Wなど身幅ワイドなど種類や表記が異なるものがあります。

柔術着は洗うと縮むものと、縮まない(縮みづらい)ものがあります。縮むタイプのものには、商品説明に【収縮率/(上衣)縦:約5%、横約10%(ズボン)縦約11%横、約3%】などと記載がされています。縮まないタイプの柔術着には防縮加工と記載されているので、必ず確認してください。メーカーによってはこの縮率を考慮し最初から縮んだ状態(プリシュリンク)で販売されているものもあります。

  • 防縮加工あり=ジャストサイズを選ぶ
  • 防縮加工なし=縮率を想定して選ぶ

自分のサイズを確認し、縮率を考慮し寸法に合った柔術着を選ぶといいでしょう。最初は試着して購入するか、返品可能な通販サイトを利用しましょう。

 

おすすめ柔術着ブランドまとめ

AESTHETIC(エステティック)

【公式サイト】https://fightaesthetic.jp/

【Instagram】https://www.instagram.com/fightaestheticjp/

AESTHETICはUK発のブランドです。 AESTHETICは美学という意味で、​ブラジリアン柔術商品やラッシュガードなどのアパレルを販売しています。入門用の道着は8千円で販売され、通常の道着も1万円代で購入できるのが嬉しいポイント。コスパよくおしゃれです。

 

KINGZ(キングス)

【公式サイト】https://kingz.jp/

【Instagram】https://www.instagram.com/kingz.jp/

KINGZはカリフォルニア発のブラジリアン柔術ブランドです。王冠マークが印象的で、最近定番ブランドになってきました。1万円台からメンズ・レディースどちらも購入できます。

 

HYPERFLY(ハイパーフライ)

【公式サイト】https://hyperflyjp.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/hyperflyjapan/

HYPERFLYは2011年カリフォルニアのサンディエゴで生まれたブランド。ブラジリアン柔術をベースとした機能性とデザインを追及したウェアを開発しています。ブランドとのコラボモデルもありおしゃれなものが多いです。1万円代から購入できます。

 

VHTS(ベリーハードトゥサブミット)

【販売代理店】https://fightersstand.com/collections/vhts

【Instagram】https://www.instagram.com/vhtsjp/

VHTSはNY発の柔術・格闘技ウェアブランドです。柔術着はスタイリッシュなデザインで、野暮ったくなく、洗練されたイメージ。2万円代から購入できます。

 

Shoyoroll(ショヨロール)

【公式サイト】https://shoyoroll.jp/

【Instagram】https://www.instagram.com/shoyoroll.jp/

Shoyorollはカリフォルニアにあるブラジリアン柔術着のハイブランドです。世界的な人気ブランドで、販売する道着は即売り切れるので、ニュースレターに申込み予約販売で購入する必要があります。価格も高くコラボモデルは4万円することもあり、なかなか手を出すこともできまが、かっこいいです。

 

Albino and Preto(アルビノ&ピレト)

【公式サイト】https://www.albinoandpreto.jp/

【Instagram】https://www.instagram.com/albinoandpreto.jp/

Albino and Pretoはブラジリアン柔術着のハイブランドです。Shoyorollと同じくニュースレターに申込み予約販売で購入する必要があります。価格は3万円代で、様々なブランドとコラボしていることも魅力です。ファッショナブルでかっこいい道着です。

 

énóis(エイノス)

【公式サイト】https://enoisclothingjapan.com/

【Instagram】https://www.instagram.com/enoisclothing_japan/

énóisはビバリーヒルズを拠点とする新興柔術ブランドです。次世代のできるだけ多くの子供たちが社会経済的地位に関係なくブラジリアン柔術ができるように、柔術着やラッシュガードが1着売れるごとに恵まれない子どもたちに1着プレゼントをする活動をしています。

 

-ガイド

© 2021 THE GYMS